いくつかの種類

プラセンタを体内に摂取する方法はいくつかあります。
このサイトではプラセンタサプリをお勧めしていますが、他にもいくつかの種類があります。
それぞれに特徴があるのでその特徴とともに、なぜプラセンタサプリがお勧めであるかを伝えていきたいと思います。

 

まずはその摂取方法には大きく分けて5つあります。

  • 注射
  • サプリ
  • ドリンク
  • 粉末
  • 化粧品

 

まずはプラセンタ注射からみていきましょう。
プラセンタ注射はプラセンタの中で唯一の医薬品です。
つまり薬としての扱いになります。
そのためプラセンタ成分を注射で接種するため医療機関での接種になります。
そして原材料となる胎盤は人間の胎盤を使用しています。

 

私たちの体に一番馴染みがよく、そして注射ということで効果も早く感じられるでしょう。
しかしながらプラセンタ注射にはデメリットがあるので注意しなくてはなりません。

 

まずはプラセンタ注射を接種してしまうことでその後、献血ができなくなってしまうのです。
そして何よりもプラセンタ注射は効果がしっかり得られるということで逆に妊婦には危険となってしまう場合があるのです。
プラセンタは体の内側にも働きかけることができるとされています。
そのためプラセンタ注射のように効果が絶大となると、胎児にも影響が出てきてしまうのです。
例としてみれば胎児が成長しすぎてしまうなどといったデメリットがでてきてしまうのです。
プラセンタ注射ははっきり言っておすすめできません。

 

そしてプラセンタの代表といえばサプリがあげられます。
消費者となる私たちが購入して摂取できるという意味では他にドリンク、粉末があります。
この3種類の特徴をまとめてみました。

 

サプリ

ドリンク

粉末

浸透率

値段

商品の種類

飲みやすさ

手軽さ

 

◎の数を見ると一目瞭然ではないでしょうか?
サイトでもお勧めしているようにサプリが最もお勧めです。
最初の項目の浸透率だけが△になっていますが、浸透率が悪いというわけではありません。
というのも他のドリンクや粉末の方がカプセルなどに入っている成分よりも早く体内に浸透するという意味です。
そのスピードで言ったらドリンクが一番早いといえるでしょう。

 

また商品の種類の多さも圧倒的にサプリが多いでしょう。
原材料としても馬や豚をはじめそのほかにも成長因子を含んでいないプラセンタとしても種類があります。
自分に合ったものを選ぶには種類が多い方がいいですよね。

 

でもこれだけではない最大のお勧め理由があるのです。
それは

 

サプリは自分の体調に合わせて量が調節できる!!!

 

ということです。
妊婦であると体調の変化を含めいろいろ出てきます。
そのため自分の体調に合わせられるという点が最大のメリットといえます。
妊娠中でも飲めるというのがプラセンタサプリのお勧めするべき点の一つと言えるでしょう。

 

化粧品
プラセンタの化粧品については摂取の中の種類に入れましたが体内に摂取するわけではないので補足として紹介します。
化粧品の場合は外部からの摂取になりますので妊娠中でも全く問題はないと思います。
しかしながら妊婦になると肌の調子も変化してきますので今まで使っていたものをはじめ、新しく使おうと思うプラセンタ化粧品では何か肌に刺激を感じることがあるかもしれないので注意をして使うことをおすすめします。