プラセンタとは

プラセンタ・・・女性の多くの方は一度は耳にしたことがあるかもしれません。
また美容に興味を持っている人ならなおさら知っているプラセンタ、「胎盤エキス」って思っている人もいるようです。

 

そもそもプラセンタという言葉は英語やフランス語で「胎盤」を意味します。
胎盤は妊娠して3か月ごろからできる器官のことで、人間にもあります。
その胎盤のことをプラセンタと言いますが、日本でよく聞くプラセンタはその胎盤から栄養素を抽出したもののことを言います。
抽出したものをサプリメントにしたり、粉末、ドリンク、美容液などさまざまな物に配合して商品になっているものを一般的にはプラセンタと呼んでいます。

 

胎盤には多くの栄養素が含まれています。
その栄養素には五大栄養素をはじめ、アミノ酸や核酸など様々な栄養素が含まれているのです。
胎盤は赤ちゃんと生命をつなぐ大事な器官としての役目があります。
栄養素を多く含んだ胎盤から成長させるための栄養素が赤ちゃんに送り込まれるのです。
そのパワーは驚くべきもので、小さな小さな細胞を10か月で赤ちゃんに成長させるだけのパワーがあるのです。
そんな素晴らしい栄養バランスは人工的に真似をして作ろうと思っても作り出すことができないぐらい絶妙と言われています。
その成分の中で注目すべき成分が成長因子なのです。

 

成長因子はプラセンタの特徴ともいうべき成分です。
この成分によってプラセンタは体の中からも健康にしてくれる効果と、美容効果が高いと評判です。
成長因子は細胞を活性化する働きがあり、弱くなってしまった細胞に働きかけ元気にしてくれたり、若返らしてくれるという働きがあるのです。

 

成長因子が私たちの体から徐々に減っていくことで老化減少が始まります。
ですがプラセンタを体内にとりこむことで老化現象にストップがかけられるというわけです。
別名「若返りの秘薬」なんて言われているのがプラセンタです。

 

近年プラセンタは美容面ではさまざまな雑誌にとりあげられたりしていますが、医療面からも注目が集まっているのです。
つまり医療にもプラセンタ成分が効果的と言われているのです。
そのためプラセンタ成分でも補助的な物がほとんどですが、医薬品として扱われている成分のあるのです。