プラセンタ効果を感じやすいのは馬プラセンタって聞いたけど?

近年、テレビや雑誌などのメディアで話題になり紹介されている馬プラセンタですが、なぜこのように取り上げられるようになったのでしょうか?

 

多くの女性が持っている「若々しく美しくいたい」という気持ちに年齢は関係ありませんが、美しくいたいという思いだけでは、美しさを維持することは残念ながらできません。
美しさを作るには、日々の努力が必要なのです。

 

プラセンタは英語で言うと「胎盤」という意味で、妊娠中の母体と胎児をつないでいる器官です。
胎盤には胎児を成長させるために必要な、5大栄養素とその他に6種類の栄養成分が配合され、全部で11種類の豊富な栄養成分が含まれています。

 

タンパク質 ⇒ 人間の体をつくる原料
脂質 ⇒ 効率的な体のエネルギー源
炭水化物 ⇒ 即効性が高い脳へのエネルギー源
ビタミン ⇒ 代謝をスムーズにして体の調子を整える
ミネラル ⇒ 血液や体液など、体の幅広い働きを調整する

 

アミノ酸 ⇒ 生命の源になり、多くの生理機能を持っている
核酸 ⇒ 細胞の分裂、分化などを調整する
活性ペプチド ⇒ 細胞の再生や増殖に必要な栄養素
酵素 ⇒ 生命活動のための中継点・司令塔
ムコ多糖体 ⇒ 細胞と細胞とつなぐ物質、各関節に分布している
成長因子 ⇒ 特定の細胞の増殖や分化を促す

 

このように、豊富な栄養成分を持っている胎盤から有効成分を抽出したのがプラセンタエキスです。

 

いくつかの種類があるプラセンタですがそれは原材料によって種類が分かれます。
その中で当サイトが おすすめしたいのは馬プラセンタサプリです。
馬プラセンタサプリについて詳しく知りたい方はこちらのサイトを参考に!
⇒「馬プラセンタサプリの効果をしりたい!」

 

私たちの体を作るために重要な役割をもっているアミノ酸が、馬プラセンタには豊富に含まれています。
馬プラセンタには、プラセンタ市場の多くを占めている豚プラセンタには含まれず、人が体の中で作り出すことができない必須アミノ酸を6種類も含んでいます。
また、馬プラセンタに含まれるアミノ酸量は豚プラセンタよりも、約1.5倍の量が馬プラセンタの方が多いと言われています。

 

 

注目するのはプラセンタにしか含まれていない成長因子

プラセンタ効果が注目されているのは、アンチエイジングに効果が期待できるからです。
さまざまな美容成分がありますが、細胞自体を若返らせる効果が期待できる成長因子(EGF(上皮細胞増殖因子)・FGF(線維芽細胞増殖因子)は、プラセンタにしか含まれていません。
アンチエイジングにプラセンタ効果が期待できると言われるのは、この成長因子が含まれているからなのです。

 

 

馬プラセンタが持っているのはどんな効果?

更年期障害や肝機能障害の治療などに、医療機関などでも利用されているプラセンタですが、一般的にはプラセンタというと美容の面でのイメージが強いのではないでしょうか。
医療機関で利用されているプラセンタは、人由来のヒトプラセンタですが、市販で販売されているプラセンタサプリメントで使用されるのは、豚・馬・羊の胎盤から抽出されたプラセンタエキスです。
そのなかでもおすすめしたいのは、馬プラセンタ効果です。

 

馬プラセンタの持つ豊富な栄養成分・成長因子・20の薬理作用の相互効果によって、美容だけではなく健康の面でも効果がたくさん期待できます。
薬理作用とは、摂取した薬などの成分の作用によって、身体のさまざまな症状が改善していく変化のことで、プラセンタにはこの薬理作用が20あります。

 

  • シミ・くすみ
  • 肌のハリやしわ
  • 保湿力が高くなる
  • ダイエット
  • 更年期障害
  • 疲労回復
  • アレルギー体質の改善
  • 自律神経失調症・うつ病の緩和
  • 基礎代謝を高める
  • 肝機能障害
  • 育毛・薄毛

 

など、美肌を作るためなど美容に対する効果と、体の内側から健康になるための効果が期待できます。
しかし、個人差があるため馬プラセンタサプリを摂取しても効果の感じ方や期間などはそれぞれ違います。