妊娠しても飲み続けたいプラセンタ

プラセンタの効果には美容効果をはじめ体の中から健康にしてくれるという効果があり、それは若返りの秘薬として高い評価を受けています。
医療の面でも更年期障害や肝機能障害の治療としてプラセンタ成分が利用されています。

 

プラセンタの素晴らしいパワーを得るためには継続していくことが重要なポイントになってきます。
他のサプリメントでも同じですが日々の継続が効果につながっていくことでしょう。
しかしながら新しい命の誕生という「妊娠」を機会にプラセンタサプリの摂取をやめてしまう方もいるようです。
やはり新しい命を授かったことにより大事に大事に育てていきたいという妊婦さんの想いからでしょう。

 

それでも中にはプラセンタ効果は必要と考え飲み続けたいのにどうしたらいいか・・・と悩んでいる妊婦さんも多いのが現状です。
そこで妊娠してもプラセンタサプリを飲み続けてもいいのでしょうか?
妊娠中でも飲める妊婦プラセンタサプリはあるのでしょうか?
気になる点を探っていきましょう。

 

プラセンタサプリとは

まずはプラセンタサプリについて見ていきましょう。
プラセンタサプリに限らずサプリというものは一体なんでしょうか?

 

サプリとは医薬品、薬ではありません。
医薬品は治療目的な物なので薬事法に沿って効果や効能をうたっています。
また飲む時間や飲む量が決められています。
そして何よりも大小の副作用があるとされています。
もちろんその副作用が出ない方もいるでしょう。

 

サプリメントは健康食品という位置づけになっています。
健康食品は治療することが目的ではなく、普段の生活において不足しているものを補うための物と考えられています。
そのため成分としても強いわけではないので長期服用によって効果が現れるといったものです。
また副作用などはほとんどないとされています。

 

しかしながらここで注意しなくてはならないのがサプリメントの場合は誰でも自由に購入することができます。
医薬品の場合は医師の処方による物だったりと限られてきます。
そのためサプリメントはしっかりとした効果・効能をうたっているわけではないのです。
つまり期待できる効果があるといった表現しかできないのです。

 

ではプラセンタサプリではどうでしょう。
妊娠中は飲めるのでしょうか?

 

妊娠中のプラセンタサプリ

妊娠中のプラセンタサプリの摂取については意見が分かれているのが現状です。
というのもプラセンタサプリは「もともと胎盤からの抽出物なので体に異常が起きる可能性は低いであろう」という意見と「妊娠中はただでさえ体調がいつもと違うため何があるかわからない」という意見に分かれているのです。
そのためどちらが正しいともいえないのです。

 

理由はプラセンタサプリを摂取したうえでの臨床データが多くないためはっきりと断言することができないのです。
プラセンタサプリを妊娠中も飲み続けたことでメリットがあったひとも多くいます。

 

精神の安定作用があるプラセンタのおかげで妊娠中のイライラから解放された

 

妊娠中の肌荒れなどもなくまたシミが濃くならなかったように感じた

 

妊娠中は眠くて眠くて朝が起きられなかったのでプラセンタの効果ですっきりいい目覚めができた

 

メリットもありますがやはり何かあってからでは困ります。
そこでまずは医師の判断を仰ぐことをお勧めします。
医師に相談をしてプラセンタサプリを飲み続けても大丈夫ということであれば飲み続けていいでしょう。

 

馬や豚、羊の胎盤から抽出した成分が配合されているプラセンタサプリが主流ですがこれらは成長因子が入っています。
成長因子はプラセンタの特徴の一つで、細胞の活性化を促す成分です。
このため成長因子の成分が心配で気になる方、または美容効果だけ欲しいという方には植物プラセンタをおすすめします。

 

穂のしずく
穂のしずく

動物プラセンタの胎盤に代わる植物の胎座という部分から抽出した成分を配合している。成長因子が含まれていないため健康効果よりも美容効果に期待がもてる。比較データでは豚プラセンタよりも高い作用が見られたとされる。植物プラセンタは動物性因子を一切含んでいないため妊娠中でもおすすめできる。
真っ黒なソフトカプセルなので飲みやすくなっている。においも全く気にならず1日1粒がお勧めの量である。イライラが和らいで肌に透明感が出てくる。(口コミより)

 

 

 

>>穂のしずく公式ページはこちらから<<

価格 容量 評価
   お試しコース 2839円(税抜)     10粒 妊娠,妊婦,プラセンタ,サプリ,効果,若返り,美容,健康
更新履歴